2013年1月4日

番外編 – 路上で売られていたいろんなもの – 成都一ヶ月旅行

ちょっとインパクトが強い画像もありますので、ご注意を!

今回はここ数日で近所の路上で売られていたいろんなものをご紹介します。いずれも肉系です。ちょっとグロ系というか、インパクトが強い画像も含まれています。

まずは普通なところから。

魚

オケに大量の魚が雑に入れられ、売られています。買いたい時はそのまま袋に入れ、重さを量ってお金を払い、持ち帰ります。写真には3つのオケだけですが、6つくらいは並んでいます。

続いては鶏とアヒル君。

アヒルと鶏

これらの鶏とアヒル君が、こんな売られ方をしています。
ちなみに一枚目の写真上部に吊るされている紐のようなものは、サラミ系のもので、町中のいたるトコロで吊るされています。

肉

吊るし鶏

その他、肉は生も燻製も、吊るされて風にさらされて売られています。買うときは必要な分を目の前でカットしてもらいます。

吊るし肉

燻製肉

そして一番の驚きはこちらです。これが個人的にインパクト大でした。まずは引きの写真。

豚ひき

おじさんが何かを洗い、奥に何か並んでいます。近づいてみると。。

豚より

豚が並んでるっ!顔だけっ!という。よく通る道なので今は慣れましたが、最初はインパクトあり過ぎでした。ちなみにおじさんは洗っているわけではなく、豚の毛を取るためにパックのような液体を付けていたそうです。この豚も、買う時は必要な部分をカットして購入するのですが、この中途半端にカットされた顔も路上に並ぶ事になります。ただこれは本当にグロ画像なので、掲載は控えます。。

以上、成都で日常よく見かける売り物でございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です