2017年4月4日

東京から格安で上海に行くなら断然おトクな「春秋航空」

海外に行くなら羽田か成田。上海行きの航空券なら中国国際航空の安い時期で3〜4万円程度。それでもそこまで高くはないですが、東京界隈から上海浦東空港に行く場合、羽田や成田の半額程度で行く方法があります。それが格安LCC「春秋航空」です。もちろん時期やサーチャージによりますが、1万円台で上海へ行くことが可能です。

春秋航空
http://jp.ch.com/

東京駅~茨城空港~上海というルート

「なんでわざわざ茨城まで行くの?」と思う人も多いと思いますが、実はかなり便利で、東京駅から茨城空港まで直行の高速バスが500円で乗れるんです。東京駅から茨城空港への乗車時間は1時間半~2時間程度。時間はかかりますが、直行という事やWi-Fiが使える環境、バスの種類次第で電源があるバスもあり、2時間かかっても苦になりません。乗り場は東京駅八重洲南口にある高速バス3番乗り場です。JRなら前の方に乗っておくと乗り場に近いかと思います。(2017年4月現在)

東京駅八重洲南口

東京駅八重洲南口

高速バス3番乗り場

ちなみに中国人がかなり多く利用しており、主要な時間帯は平日でも満席になることがあるので、予約しておいた方が無難です。東京~茨城空港間の高速バス予約はこちらから。

高速バス予約
http://kantetsu.co.jp/bus_reserve/

茨城空港

成田や羽田に慣れている人は、茨城空港のコンパクトさに驚くでしょう。初めて来た時は「これで国際線?!」と驚いたものです。とはいえ、もちろんチェックインカウンターはしっかりしていて、セブン銀行等のATMやコンビニもあり、2階ではラーメンや定食などの食事ができるフードエリアやお土産屋さんもあり、いろいろ揃っています。

茨城空港
これで空港内1階ほぼ全て

茨城空港

デッキ
デッキに出ても飛行機がいない

気を付けるべきは出国手続き後。「とりあえず出国手続きまで済ませて中で免税店を見たり食事したりしよう」と思って入ると驚きます。免税店はわずかな広さで、食べ物はちょっと懐かしい冷凍食品の自販機のみ。出国後は何もないと思っておく方が良いかと思います。ちなみに機内食やドリンク等のサービスは含まれておらず、必要な場合は別途有料で注文する事になります

最後に、茨城~上海は1日1便のため、スケジュールはこんな感じ。(2017年4月現在)
◇東京駅~茨城空港のバス
東京駅発 8時40分もしくは9時20分

◇茨城空港~上海浦東空港の飛行機
茨城発 13時20分 上海着 15:50分

◇上海浦東空港~茨城空港の飛行機
上海発 8時25分 茨城着 12:20

◇茨城空港~東京駅
茨城空港発 13時30分

とにかく上海に安く行ってみたい人には是非おすすめの春秋航空でした。